座椅子は果たしてラクか?

今日、ぼんやり1日を過ごしていた午後ですが、座椅子にだらしなく背を任せていたら脊髄にズキンと痛みが走りました。自分では何もできず、みるみるうちにぎこちない動きに代わり、気づけば浅い息になっていました。脳内はヤバイヤバイを連呼しています。昼御飯を食べ、午後をどう過ごすか悩んでいた所で、こんな状況が発生してしまいました。仕方無く息子に声をかけ、寝室で転がり、状況が回復するのを待ちました。息子はTVを見ていましたたが寂しくなったようで、ついてきました。

夕方になったら、回復し動けるようになりました。2,3日前に部屋の模様替えを行い、重たいものを持ったのが良くなかったようです。また、座椅子もあまりよくなかったみたい。何年か前に、家具を捨てた時に大変な思い出があり、その後わたしは「ブラックボックスよりも重い家具は買わない」と思っているのです。ひとりで粗大ごみ回収に出せる程度の重さのものじゃないと最終的に、処分のとき、捨てるのに大変な思いをしてしまうからです。
そうはいっても、しばらくするとものが欲しくなるのが人間ってものです。執筆用のデスクと椅子が欲しいんですよね。

今は、夜は自分の部屋(変形の五畳?くらい)にこたつテーブルを置いて、座椅子で書いています。昼間はリビングでダイニングテーブルで書いております。座椅子ってのが、良くないようで、これがもう、腰は痛くなるし、肩が凝るし、具合悪くなるしで大変で仕方ないのです。飼っていた犬のジローがフィラリアでなくなりましたが、お薬のカルドメックを飲ませておけばよかったと今も思います。このお店(こちら)にあったとは今になって残念です。今年の冬を前に模様替えしたいなーと思っています。こたつテーブルはやっぱりじゃまなので、どっかにやっちゃっいます。新しく買うのは自分で動かせなくなると嫌だからあまり重くないやつで組立てが楽ちんなやつがいいなあと思っています。私は、組み立てが苦手なんです。必ず変になります。いまネットで探してるとこです。この、いろいろ探して、あれこれ思い悩んでいるときが一番いいんですよね。

自然エネルギーの幻想。太陽電池が好きだった。

昔から、科学ネタが大好きでした。人工衛星というのも、当時、自分には大変興味深いものでした。その人工衛星は、太陽電池で衛星で使用するエネルギーの一部を作り出しているということでした。(人間の寿命と比較すれば、間違いなく)無限のエネルギーである太陽光から電気をいつまでもえられるなんて、なんて素晴らしいんだ、と感激したものです。そして、ついには自分でも手に入れたくなって、小さな太陽電池をパーツメーカーから購入したりもしました。1つぐらい手に入れたところで、何の役にもたたないんですがね。今では、100円ショップに行けば、システムになったものが入手できますので、隔世の感です。まあ、とにかく、太陽電池はわくわくしたものの一つです。

やがて、ほかのものへの興味もどんどんひろがり、太陽電池への興味も薄れてきて、自分は社会人になりました。社会は急激に太陽光パネルを立ち上げました。少なくとも、自分には、ずいぶん急に開発が進んだのだなあと思えました。政府の電気買取制度ができ、自分だけで使用するのではなく、電気の販売までできるようになったのです。太陽パネルの購入のために補助金制度が存在していたので、太陽光パネルは高額(自宅用で200万円ぐらいしていた)でしたが、新しもの好きの人々は購入を始めました。自分の周りの人たちもポチポチと自宅に太陽光パネルを購入した人もいました。企業も太陽光パネル関連の事業を続々と立上げ、相当の投資が行われ、太陽光パネル活況となったのです。よく思い出すのが、この時勤めていた会社での出来事です。その会社は安全活動に熱心な会社だったのですが、職場でKYTイラストを使っての危険予知トレーニングをいつもやっていました。

そして、あっというまにピークは過ぎ去りました。補助金制度はとうに終了、そして、買取価格は大幅の下落となったのです。そしてあとになって知ったのですが、なぜか、関係のない人にまで、再エネ負担金が各一般人の電気代から支払わされています。今や、住宅の屋根や、田舎の空き地、山には太陽光パネルを大変よく見かけます。あんなにあこがれだった太陽電池は、夢の、理想のエネルギーではなく社会を蝕む、システムになったのです。

農家も楽じゃないさ

石岡市のHです。

本業は農業です。かなり規模は大きい方じゃないかと思います。ちょっとした農家さんよりも収入はあると思います。それなりに年収はありますが、手間ばかりがかかって自由気ままな生活というわけにはいきません。単価が安いので手間ばかりかかるのです。

JAに卸すと、商品の野菜やらを売ってくれるので楽ですが、恐ろしく買いたたかれるので、個人で売った方がずっと儲かります。

というわけで、皆さんが思われる通り、百姓は貧乏なのです。売り方、より高く売れるものを作ること、を考えないといけません。競合が多いとたちまちに買いたたかれてしまいます。 皆さん、道の駅で農作物が売っていたりしますが、そこの卵などはいい例です。

ということで、なにか書いていきます。