楽しい海とその危険性

海は危険でいっぱい、なのかもしれません。海外での海、ゴールドコーストの海で泳ぐとき気を付けるべきことがあるのです。海中生物のことです。私、佐賀市で育ち、海が近くにあるので、幼少の頃は海水浴や魚釣り、潮干狩りなんかに連れて行ってもらったりしましたよ。しかし、大人になってすっかり海と無縁です。そんなにも泳ぎが得意ではない、ということもあります。それが今はゴールドコーストに行くことになり、6年目になりました。ゴールドコーストに長くいるということは海が好きなんですか、とよく聞かれますが、そりゃそうでしょう。

ゴールドコーストの海を初めて見た時の感動は今でも忘れておりません。そんなゴールドコーストの海でずっと浮かんでいるのが大好きです。しかし、海の中には気を付けないといけない生物たちがいろいろといるのです。インド洋ではサメに噛まれて大けがをしたり、亡くなったしまったというニュースがよくあります。今回は、私自身がゴールドコーストの海で見たことがある、危険生物を紹介します。一つ目は、ゴメモンガラ。とにかく歯がするどいです。シュノーケルしてますとよく見ます。歯が丈夫で、なんとあの堅い珊瑚を食べてますよ。

いつもはどうってことないのですが、産卵時期は注意です。気性が荒くなって、うかつに近づくと噛まれます。一緒だったシュノーケルをしていた人が噛まれたことがあります。その傷を見せてもらったのですが、歯型がしっかりとついていました。血は出てなかったのですが、すごいです。近づかないことをおすすめします。今後の参考にしてください。満潮時には、取り残された魚もいますし、たまに岩の間には大きなガザミや越前ガニがチョロチョロいますのでとてもウキウキします。カニ採りすると楽しいかもしれません。やはり磯遊びは楽しいものです。磯にはいろんな生物がいて、寄生虫も思い出してしまいますが。そういえば、うちの犬の虫下しのためにお薬(こちら)をあげないといけません。砂浜も楽しいのですが、生き物に出会うのが難しいですね。潮干狩りならいいんですが。

ビッグイベントのマラソン大会でした

こんにちは。先日行われたショートビーチマラソンについて書いていきます。ここ3ヶ月はマラソンの練習をしていないことになっています。だから,本番のマラソンに臨むには注意が必要です。先日はよく走れたと思います。この日は夕方カレーを食べに出かけました。。朝にカレーを食べたこともありますが,いつもカレーは夜の食べ物です。かきのシーズンなので,牡蠣フライのカレーを食べることに決めておりました。その前に100円ショップで買い物をします。僕は,ロースカツカレーを注文しました。娘はカレーラーメンを注文しました。らっきょうを注文するのを忘れてしまい残念でした。

さて、これで,マラソンの準備はバッチリとなりました。後はよく眠ることが大切。ところがなかなか寝付けません。ビッグイベントの前だからですね。いつもビールとかワインとかを飲むのですが、今回は飲まないことにしています。しかしながら全然眠れないです。結局,途中,ウトウトぐらいはしたのですが、朝方ようやくひと眠りできました。しかし、すぐに起きないといけません。そして,3時20分に目覚ましが鳴り、起きて支度をします。4時20分に出かけます。4時45分に駐車場からスタートラインに向かいます。外は当然暗いままです。スタート地点には国旗が掲揚してあります。いかにもアメリカらしいという感じです。

スタートの前に最後の燃料補給をしておきます。バナナとさっきのゲータレードです。ゲータレードが異常にまずいものでした。そしてスタートします、さほど混んでおりませんで,場所取りみたいなことは全然要りません。記録目当てではないのでそんなに前の方には行きませんでした。スタートしてようやくゲートをくぐれました。幸いなことに足が軽いです。しばらくすると日の出が見え、なんだか感慨無量です。さて、外国で買う飲料はなかなか日本人の口には合わないものです。ミネラルなのか、なんか不思議な味がしたりします。日本でも知られたボルヴィックやevianあたりは大丈夫なんですが、硬水の炭酸入りの水はとても飲めないです。水の良し悪しは犬にも良くないとか。犬なんかどんな水だって構わないというわけではないようです。どんな水を飲むかは犬が皮膚病の場合、影響を与えることがあるようです。ホテルのミニ冷蔵庫などから、色々飲み物を集めてみました。お水自体普段飲んでいないので、ついつい水分がとれていない状況になります。実家にいる時は、麦茶のティーバッグを持参して、自分で作るのですが、旅行中などホテルにいる間はなかなか難しいですね。

ご飯の支度です

こんばんは。今日はそれなりに忙しかったなあ。午前中にフリーペーパーのポスティングをして、その後16:30出勤の予定だったのですが、油断してると寝すごしてしまいそうだったので、早めに家を出てそごうへ行きました。世間は休日のようでこんな夜なのに人がたくさんいてビックリです。お店に来た理由は、おでんや、いかなごのくぎ煮を作る時に使う、大きいお鍋を探しに来たのです。最初、フランフランに行ったのですがお鍋料理にいいサイズのものがありました。我が家向きではありませんが、おしゃれな感じでした。しかし、今日は見てるだけにしました。

さて、自宅に帰って夕食の準備をします。お茶碗にしたら山盛り状態になってしまいました。小松菜のあえもの準備する予定だったのですが。なす、ひき肉、しめじをケチャップベースで炒めたものを丼にしてできあがりです。ネットでレシピを見つけました。温泉卵を準備しました。下の子が温玉のせのボロネーゼ丼をおかわりしてくれました。温泉卵は人数分しか作ってないのでなしで出したところ、「あれ?たまごないの?」と言われ、旦那様の温泉卵を差し出し、旦那の温泉卵はなしに。みんな、がんがん食べてくれてよかったです。コンソメスープもあります。

大根と人参が具になっております。とろけるチーズも入っています。今週も朝に夜ご飯の支度をしておいたのです。先週まで残業が続いて、帰りが遅く、朝に夜ご飯を準備しておくのはなかなかいいアイデアで、夜、楽になります。今週は残業がないのですが朝に晩御飯の準備をしておくのは作業の平準化ができて、作っておくのはかなり賢明です。はたから見るとヒマそうに見えるのかもしれませんが、日常はやる事が一杯あります。犬を飼っておりますので、エサをあげるほかにも、虫下しのお薬(こんなの)をあげたりしないといけません。おかげで就寝時間も早くなったし、息子と遊べる時間も多くできました。これはいいことだらけなのです。朝は子供がまだ起きてこないので作業もはかどります。これからは朝に晩御飯を準備する計画でやっていこうと決めました。

会合あれこれありました

昨日、おじの通夜式に参列しました。久しぶりに私の親戚一同が集結しました。母は足が悪く、こういう状況では車椅子に乗ってもらったほうが動きが早いので、そうしてもらっていますけど、家では普通に生活しています。車椅子といいますと、銭湯(大きいところです)や、ゴルフ場なんかにもこんな駐車スペースがあり驚きます。車いす専用駐車場に車が停まっているのはよく見ますが、車椅子の人の入浴はまったく見たことがありません。そんなの無理でしょ。ゴルフ場にわざわざ車椅子の人がくるのはないのではと思います。

ここに停めている人はほとんど、「健常者だけど、別においてもいいやん」ってひとばかりと思います。ヤンキーみたいな人というよりは、むしろ、恥ずかしくなくなった高齢者がほとんどでしょう。年をくってくるとなにをやっても平気、になってくるのでしょう。この手の話ですと、最近は「ウォームビズ」、この前までは「クールビズ」です。「ウォーム」といっても犬のお腹の虫のことではありません。そういえば、ウチの犬の虫下しのドロンタールプラスをあげる日がもうすぐでした。さて、そんなことはいいのですが今回、先輩がきてくださいましてとてもうれしかったです。山田さんは、現在高校2年生ですが、先日の「第40回全国シニアクラッシックコンクール」の全国大会でなんと入選した実力者です。

そして、わたしは久しぶりに声楽家として、アリア、ミュージカルを歌いましたが、みなさんの発表を聞いていますと、発声やら、体の使い方がとても勉強になりました。鈴木さんは高知市内でピアノ教室の講師をしています。彼女は既婚ですが、私の生徒だったのです。とてもうれしく思いました。そして、最後はソプラノ池田さんです。会社員でありながらオペラ出演などの音楽活動をしている実力派です。私と同期生にあたるのですが、圧巻の声量でワンダフルでした。最後はお客様と一緒に大合唱します。飛び入りの生徒さんも一緒に歌ってくれました。今回は大学から助成金をいただくことができ、なんと500円で開催する事ができ、感謝しております。みなさんと一緒に演奏が出来た事はとても嬉しかったです。また来年開催出来れば幸せです。

お赤飯をいただきました

一年は365日ありますが、毎日が「何とかの日」に定められているそうです。特定のものを表す日もあれば、季節を表す日もあるのです。また、地方ごとの歴史的な行事やお祭りもありますね。誰かの誕生日というのも結構ありそうです。歴史上の大きな出来事もあります。さまざまなセミナーや展示会の日もあります。中にはTOEICの模試の日なんてのもあります。この「何とかの日」をキーワードとして、我々は自分自身の向上のためによく考えてみる日を設けるのはすばらしいことですね。なかなか「考える時間」を設ける、ということはやっているようでやっていません。考えるといっても、30秒も考えていないようなことがほとんどでしょう。

さて、ここでは「今日は何の日」のネタとして「七五三」を取り上げてみます。「七五三」は、自分が子供の頃の思い出や、あるいは、自分の子供のための行事としてとても印象深いものという位置づけの人も多いでしょう。子供がいるご家庭であれば、近所の神社にお参りした、という人も多いことでしょう。これは、日本の伝統ですよね。ご存じのように、七五三とは、男の子は五歳、女の子は三歳と七歳で、その成長を祝う儀式で、普通、神社、お寺などにお参りして、ちゃんと心身ともに健康に育つことを願うものです。七五三の時期になると「千歳飴」を持って着物服で歩いているお子さんをみると、大変ほほえましいものです。さて、七五三にまつわる事件がありました。

先日、詐欺の電話がウチにしつこくかかってきたと報告がありました。その詐欺には引っかかりはしませんでしたが、大変不安になって警察を呼んだ、ということがあったそうです。そんなことがあったら夜でも遠慮せずに電話してください、と言ってありますが、そのときは電話はなかったのです。そのとき警察もすぐに来ていただいたようで、私から、警察にはお礼を申し上げておきました。いわゆるオレオレ詐欺は未だにによくある事件なのです。オレオレ詐欺は、警察が張り込むこともできませんので、いたちごっことなっていて、困った案件なのです。あやしい特定できない電話は、かけなおすから、電話番号を聞くようにしてくださいと指導させていただいております。

お風呂マットなるもの

先日、断捨離しました。家の中を隈なく見直して、家族全員で不要なモノは無いか、と探し回っています。子どものおもちゃも含めて、断捨離をしましたよ。毎日、要らないもの、使わなくなったものを探しまわっている私ですが、結構な数のゴミになりました。その後にも出てきた、不要なものがありましたが、それは、お風呂マットなんです。子どもが小さかった時に、お風呂の床に直接座ることがありましたので敷いておりました。その後、子どもが成長してからも、特に考えることなくそのまま使い続けておりました。でも、マットがあると掃除が面倒なんですよね。マットが邪魔なんです。今の浴室はそれほど広くはないのですが、子どももちゃんとオフロの椅子に座れるようになったので、マットをついに捨てることにしました。

マットがなくなると邪魔なものがないのでスッキリです。掃除するのも、かなり楽になった気がします。モノが置いてあると、お風呂場って掃除する場所があるんです。浴槽、床や壁はそうですが、風呂のフタ、風呂の椅子があると、当然、それも掃除することになります。湿気のある場所なので、なるべくキレイにしないとカビだらけになります。なので、なるべくいらないモノは置かないようにしておいて、家事の手間を減らしていきたいです。さて、先日、デイツーに行ってきました。

私、何を隠そう、ホームセンターが大好きなんですよ。また、今日も買い物をしてきしまいました。おしゃれマットです。これは塩ビでできたものなんですが、屋内でも屋外でも使えるらしい。あと、ついでにウチの犬用にフロントラインジェネリックも買ってしまいました。フロントラインの正規品は高いのでジェネリック品です。お風呂マットですが、広げるとまあまあ大きい。これを何に使うかというと、お風呂マットにしようかと思ったのです。お風呂用ではないんですが、穴が開いているので水はけが良いいだろうと思ったのです。ウチのお風呂の床ですが、冬は冷えるようになって、ヒヤヒヤします。さっそく置いてみました。大きさはそれほどでもありません。足を置くには十分だと思います。あまり大きいと邪魔なんですよね。お風呂マットとは違う、チープなんですが、冷たくなくなりました。

見覚えのあるカーテンが…

先日、元夫の家に遊びに行きました。前回は、元夫に会った時私の太りっぷりを指摘されたのですね。9kg痩せたら美味しいもの食べさせてあげるからと約束しましたが、見事に痩せまして、無事に9kg減できました。そして褒美のご飯をいただきに行ってきました。、元夫が今住んでる家がすぐ近くだったということもあります。立ち寄って飼い猫2匹にもご挨拶しました。ほかにも、私たちは、妹も一緒に住んでた期間が2年ほどあったのです。これまでに20人位とご飯を食べはしているらしい。が、食事以上の事になった事が無いらしい。間違いなく本当らしい。

あと、掛かってたカーテンが、私と別れて最初に住んでた静岡の家に合わせて買ったものらしい。窓の下が空いてておかしいが、そのままでも猫が景色見れるし、いいのかも。また、犬用のシャンプーまで前と同じまま置いてありました。こちら。私はこういうこだわらなさが好きだった。好きにしてってほぼ全てにおいて私におまかせだったのでめっちゃ楽だったんです。決めて欲しい系の女の子だとまず合わないだろう。無口だし、目も合わないし、とは、言わずにおきました。そんな感じでランチ含め2時間半くらいもながながと一緒に過ごしましたとさ。男の子やっぱりだいぶ痩せたね。全然違う。と褒められた。

その次の日が心理学の講座で毎回1ヶ月の気づきとか出来事をレポートにしていくのですが、その中に私のどうでもいい恋愛模様も毎回ネタとして入れております。作文書き終えて講座当日の朝に今回ようやく超えられたんだな、と思った。別れようって言われた瞬間から完全に平気って思えるようになるまで多分10年くらいかかってるから一緒にいた時間とほぼ同じだけ費やしてしまった事になる。もちろん、その間に他の人たちともあれこれ、あったんだけどね。まだ起きてきません年を取り御多分にもれず、早起きになっていましたが。こんな考えは正しくないのかもしれませんジュニアの方のブログを読んでいてそれが当てはまらない事に気づかされます。皆さんたっぷりと寝ていらっしゃるようでした。続きを書き続けようと思っています。

プロテインの効果とは

ただいま、ダイエット実施中です。目標体重まであと残り8kgまでというところまで来ました。糖質制限ダイエットや、その他いろいろやりまして、なんと13kg痩せましたよ。途中、9kgを減量したところで、この糖質制限が過剰となり危険な状態になったりもしました。一時は、1日の糖質量が10gという量をやっておりましたが、そうなると肉体が省エネモードとなって体調が悪くなり始めるのです。やむをえず、炭水化物を取り始め、バカ食いしてしまい、それが逆効果となる場合もあります。体重変化の訪れない日々が続きますと苦しみます。結果が出ないと辛い日々となります。打開策として効率の良い筋トレというものもはじめております。ここでプロテインを購入しました。プロテインは一種のサプリメントみたいなもので、我が家の猫が毛並みが良くなかったので、サプリを飲ませたところ、見違えるように毛並みがよくなったようなものです。このプロテインを飲む、プラス、筋トレを2ヵ月ほど繰り返しますと、また体重が減るようになりました。そこで4kgばかり減量しました。

筋肉が増えたらそれだけ脂肪の燃焼率は上がりますので、ダイエットには効果的です。ダイエットとは脂肪を減らすものなので、絶食では筋肉も減ってしまいますのでやせるといっても、また違ったものになるのです。わたくしの朝食を公開しますと…
→ カロリーメイト2本(糖質10g)/プロテイン です。
筋トレに必要なものといえばプロテインです。これは筋肉を作るということではなく、重要な回復アイテムです。今は、職場のお勧めのBNSのプロテインを使っています。バナナ味です。

プロテインの効果はあまりわかりずらいものです。しばらく使って効果を試す、これの繰り返しです。いくつか試してみましたが、ちょっと味が好みじゃなかった、というのもよくあります。効き目の差なんて、なかなかわかりません。私は味を重視してます。美味しくないとそもそも続かないので美味しいのを選んでおります。私が好きなのは、シルバージムのトリプルチョコレート風味(500g)。筋トレ後、冷えた低脂肪乳で割って飲むとデザートのようで問題なく摂取できます。うちの嫁さんはこれはデザートとはいいがたいとコメントしておりました。私にはこれが美味しく感じます。正直なところ、ビールよりも筋トレ後のプロテインの方がうまいと思うほどです。筋トレ、やりすぎとケガだけには注意しましょう。負荷と休息と栄養、どれも大事です。病院などで、筋肉や骨格にも、定期メンテナンスは必要です。はい。

座椅子は果たしてラクか?

今日、ぼんやり1日を過ごしていた午後ですが、座椅子にだらしなく背を任せていたら脊髄にズキンと痛みが走りました。自分では何もできず、みるみるうちにぎこちない動きに代わり、気づけば浅い息になっていました。脳内はヤバイヤバイを連呼しています。昼御飯を食べ、午後をどう過ごすか悩んでいた所で、こんな状況が発生してしまいました。仕方無く息子に声をかけ、寝室で転がり、状況が回復するのを待ちました。息子はTVを見ていましたたが寂しくなったようで、ついてきました。

夕方になったら、回復し動けるようになりました。2,3日前に部屋の模様替えを行い、重たいものを持ったのが良くなかったようです。また、座椅子もあまりよくなかったみたい。何年か前に、家具を捨てた時に大変な思い出があり、その後わたしは「ブラックボックスよりも重い家具は買わない」と思っているのです。ひとりで粗大ごみ回収に出せる程度の重さのものじゃないと最終的に、処分のとき、捨てるのに大変な思いをしてしまうからです。
そうはいっても、しばらくするとものが欲しくなるのが人間ってものです。執筆用のデスクと椅子が欲しいんですよね。

今は、夜は自分の部屋(変形の五畳?くらい)にこたつテーブルを置いて、座椅子で書いています。昼間はリビングでダイニングテーブルで書いております。座椅子ってのが、良くないようで、これがもう、腰は痛くなるし、肩が凝るし、具合悪くなるしで大変で仕方ないのです。飼っていた犬のジローがフィラリアでなくなりましたが、お薬のカルドメックを飲ませておけばよかったと今も思います。このお店(こちら)にあったとは今になって残念です。今年の冬を前に模様替えしたいなーと思っています。こたつテーブルはやっぱりじゃまなので、どっかにやっちゃっいます。新しく買うのは自分で動かせなくなると嫌だからあまり重くないやつで組立てが楽ちんなやつがいいなあと思っています。私は、組み立てが苦手なんです。必ず変になります。いまネットで探してるとこです。この、いろいろ探して、あれこれ思い悩んでいるときが一番いいんですよね。

自然エネルギーの幻想。太陽電池が好きだった。

昔から、科学ネタが大好きでした。人工衛星というのも、当時、自分には大変興味深いものでした。その人工衛星は、太陽電池で衛星で使用するエネルギーの一部を作り出しているということでした。(人間の寿命と比較すれば、間違いなく)無限のエネルギーである太陽光から電気をいつまでもえられるなんて、なんて素晴らしいんだ、と感激したものです。そして、ついには自分でも手に入れたくなって、小さな太陽電池をパーツメーカーから購入したりもしました。1つぐらい手に入れたところで、何の役にもたたないんですがね。今では、100円ショップに行けば、システムになったものが入手できますので、隔世の感です。まあ、とにかく、太陽電池はわくわくしたものの一つです。

やがて、ほかのものへの興味もどんどんひろがり、太陽電池への興味も薄れてきて、自分は社会人になりました。社会は急激に太陽光パネルを立ち上げました。少なくとも、自分には、ずいぶん急に開発が進んだのだなあと思えました。政府の電気買取制度ができ、自分だけで使用するのではなく、電気の販売までできるようになったのです。太陽パネルの購入のために補助金制度が存在していたので、太陽光パネルは高額(自宅用で200万円ぐらいしていた)でしたが、新しもの好きの人々は購入を始めました。自分の周りの人たちもポチポチと自宅に太陽光パネルを購入した人もいました。企業も太陽光パネル関連の事業を続々と立上げ、相当の投資が行われ、太陽光パネル活況となったのです。よく思い出すのが、この時勤めていた会社での出来事です。その会社は安全活動に熱心な会社だったのですが、職場でKYTイラストを使っての危険予知トレーニングをいつもやっていました。

そして、あっというまにピークは過ぎ去りました。補助金制度はとうに終了、そして、買取価格は大幅の下落となったのです。そしてあとになって知ったのですが、なぜか、関係のない人にまで、再エネ負担金が各一般人の電気代から支払わされています。今や、住宅の屋根や、田舎の空き地、山には太陽光パネルを大変よく見かけます。あんなにあこがれだった太陽電池は、夢の、理想のエネルギーではなく社会を蝕む、システムになったのです。